「VIO脱毛とは?」意味、場所、痛みをレポート

VIO脱毛とは?

よく見る「VIO脱毛」という言葉。

「それって何?」という方も多いと思います。

 

そこで、今回は「今さら聞けない?」いえいえ「今だから知りたい…VIO脱毛」について

 

VIOの【意味、場所、痛いの?】を、わかりやすくまとめます。

 

気になるところからチェックして下さいね

 

VIO脱毛とは?意味は?

VIO脱毛 意味

「VIO脱毛」とは、女性のアンダーヘアの処理のこと。

 

Vライン、Iライン、Oラインをまとめて「VIO」と言います。

 

読み方は、

✖「ヴァイオ」ではなく、

〇「ブイ、アイ、オー」です。

 

Vライン(ブイライン)脱毛の場所

【Vライン】

立った姿勢で前側から見えるVゾーン部分を、【Vライン】と言います。中には「トライアングル脱毛」と呼ぶ脱毛サロンもあります。

 

Vラインの脱毛範囲や方法は、クリニックによって大きくちがいます。

・Vゾーン全てを脱毛できる

・Vラインの外側(はみでる毛)だけを脱毛する

・好きな形にデザインできる

と、本当に様々です。

 

予約をする前に無料カウンセリングで、「どんな形で脱毛できるのか?」必ず確認したいポイントです…!

 

Iライン(アイライン)脱毛の場所

【Iライン】

女性の大事な部分周辺を【Iライン】と言います。

 

Iラインの脱毛範囲は、大きくわけて2パターンあります。

・大事な場所から数センチ離れたところから脱毛

・大事な場所の粘膜ギリギリまで脱毛

 

人気は「粘膜ギリギリまで脱毛」のもよう。水着から毛がはみ出ないことを考えると、Iラインの無毛派が多いのかもしれません。

 

Oライン(オーライン)脱毛の場所

Oライン

 肛門周辺を言います。

 

Oラインの脱毛範囲は、こうもんを中心に半径2~3㎝が一般的です。

 

エチケットや衛生面を考えて、脱毛する方が増えています。

 

VIOの医療脱毛は痛いの?

VIO脱毛 痛み

一般的にエステ脱毛より、医療脱毛は痛みが強いと言われています。

 

理由は、脱毛器の照射パワーがそもそも強いため。その分医療の方が効果が高めともいえます。

 

とくに、VIO脱毛は、痛みを感じやすい部位だと言われています。

 

個人的な感想ですが、中でもI ラインは「ズキンズキン」とひびく痛さ。Oラインは「チリチリ」する痛さがありました。

 

といっても涙するほどではなく「うぅぅー」っと心の声でガマンする感じです…汗。

 

(あくまでも個人の感想です)

 

痛みに対して、医療脱毛では2通りの対応があります。

脱毛の照射パワー調整

照射の強さを相談して弱める。

 

塗る麻酔

先生の指示のもと、塗る麻酔を使用する事もあります。脱毛前に自分で塗布しておき、脱毛します。痛みに弱い方はあらかじめ相談しておきたいですね。

 

麻酔は、オプション料金になる事が多く、クリニックによって1,000円~3,000円の費用です。

 

レジーナフレイアクリニックは、塗る麻酔が無料で、痛みが弱い方にも良心的かと思います。

 

まとめ

VIO脱毛 まとめ

 

VIO脱毛の【意味、場所、痛み】についてご紹介しました。

 

痛みは個人差が大きくあります。また、アンダーヘアゾーンはデリケートな場所です。

 

リスクも伴いますので、医療脱毛の無料カウンセリングでしっかり相談したいですね。

 

【公式サイト】

レジーナクリニック

フレイアクリニック

 

 

関連記事